音声セミナー「月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!究極の単価アップ営業術~こうすればあなたの営業が変わる!人生が変わる!~」画像

音声セミナー「月払15,000円のお客様が喜んで50,000円以上を払う!究極の単価アップ営業術~こうすればあなたの営業が変わる!人生が変わる!~」

商品説明

ネットや通販の影響で単価の高い保険は売りにくくなったと思っていませんか?

しかしそれは正しい売り方を知らないだけです。

高い保険の設計書を顧客の前に出してうまく売り込んで説得してももちろん高額契約には至りません。

お客様が「あれも欲しい、これも欲しい」「あれも必要、これも必要」と喜んで選んでいくと、最後に高額契約になってしまうノウハウがあるのです。

無理に売り込んだり、強引にクロージングしなくても高額保険が売れ、お客様は大満足。

大満足ですから当然紹介に繋がる可能性も劇的にアップ。こんな好循環をあなたの保険営業でも起こすことができたら、最後に手にする成果も大きく変わると想像できませんか?

ほんの少しのコツを知るだけ。いやあなたは高額保険が売れてしまうコツを知らないだけで今まで本来なら獲れたはずの高額契約を今までいくつも見逃してきてしまったと言っていいかもしれません。

もうこんな損失を続ける必要はありません。お客様に喜ばれ、満足されながら高額保険を売るノウハウがあるのです。

 


100円ショップ大好きの友人の女性が、最近購入してとてもよかったものを2つ教えてくれました。

1つ目は靴専用のハンガー。靴を洗って干す時に、乾きやすくなりとても便利だといいます。

またハンガーに靴を掛けて収納すると、限られたスペースに多くの靴をしまえるとの事。

もう1つは粉末の調味料入れ。1回振って調味料を出すと小さじ1杯分の調味料が出るもの。

今までは計量スプンを用意してでわざわざ計っていましたが、この手間がなくなり快適だそうです。

元々この2つの商品を買う予定で100円ショップに行ったわけではありませんが、店を見ている間にこれらの商品が目に入り

絶対欲しい!自分には必要だと感じ、カゴに入れたといいます。

100円ショップは普通、顧客に売り込みをしません。顧客に必要、欲しいということに気づかせて、商品を選ばせることに長けているということを改めて実感しました。



自転車が趣味の友人経営者は最近3台目の自転車を購入しました。値段は20万円以上。

しかし自転車ショップの店員に買う事を勧められたわけではありません。

自分には絶対必要、欲しいと感じ、自らこの自転車を選んだのです。

この自転車メーカーも売り込みがうまいのではなく、顧客に必要、欲しいということに気づかせ、選ばせることが秀逸と言っていいでしょう。

これら2つの話は保険営業に通じます。


コロナの影響で顧客は節約志向となり、単価の高い保険が売れない・・・特に終身保険の契約が獲れない・・・がん保険や医療保険の契約は獲れるが、死亡保障が売れない・・・いい提案をしてもネットや通販と比較されてしまい結局安い保険料のプランしか契約にならない・・・

こんな悩みを抱えている保険営業パーソンは多いはずです。

今回音声セミナーでインタビューした大関氏は3期連続TOTの日本代表する保険営業のトップセールス。

時代や社会の変化に翻弄されることなしに、コンスタントに死亡保障・終身保険を売り続けるスキルを確立しています。

しかし

単価が高くなる保険プランの設計書を作り、流暢なセールストークでそれを売り込むというスキルではありません。

大関氏のスキルの特徴は100円ショップと自転車の例と同じで顧客に絶対必要!欲しい!と気づかせて顧客自ら選ばせる保険販売スキルなのです。

高い単価の保険をがんばって売るのではありません。

顧客に気づかせて選ばせると最終的に単価が高い契約になってしまう、終身保険が売れてしまうスキル。

このスキルの鍵は保険ありきではなくニーズありき。

売りたい、単価の高い終身保険を提案するプランにうまく組み込んで、そのプランが如何に有利でお得かを声を枯らして説得することを大関氏はしません。

大関氏のスキルは

喚起された顧客のニーズを1つ1つ満たす保険設計を顧客と一緒に考えるもの。

必要性に気づき、欲しいと思ったものを顧客が選んでいくと、最後に出来上がるプランの中に

終身保険が組み込まれ、結果として高単価契約になってしまう流れなのです。

高い保険を売られたという感覚を顧客は持ちません。自分で気づき、自分で選んだわけですから。

自分で選んだ!と納得するわけです。

自分で選べば当然満足します。満足すれば人に話したくなります。つまり紹介にも繋がります。

大関氏のスキルは高単価で終身保険が売れるだけではなく、満足度もアップして紹介にも繋がりやすくなるものなのです。

だからこそ3期連続TOT。

あなたは今までこんなスキルをしっかり学んだことがありますか?

ない?

ならば高単価の保険や終身保険が思ったように売れないのも仕方がありません。

売りたい保険プランを保険営業パーソンが上手く売り込むスキルは時代遅れになりつつあるときっとあなたも気づいているはずです。


売りたい高額保険をうまく売り込むのではなく

顧客に必要!欲しい!と気づかせ、顧客自身に選ばせる技術がこれから不可欠なスキルだと確信しています。


またこのスキルのいわば副産物は紹介を得やすくなるだけではありません。

高単価、終身保険が売れ、紹介の可能性が高くなるだけではなくクロージングが不要になるのです。

あなたがお得で有利で最高と考えるプランを提案して最後に顧客に決めてもらうスタイル・スキルだからクロージングが必要なのです。

クロージングがストレス・・・嫌いという保険営業パーソンはたくさんいます。

今回音声セミナーで学べるスキルは顧客に気づかせ顧客に選んでもらうスタイル。

顧客が選んで出来上がったプランが目に前にあるわけですから、そこでわざわざクロージングする必要がないというわけです。


詳しいトークそして提案内容は成功事例を出しながら、音声セミナーのインタビューで大関氏に一から語っていただきました。

インタビューで語られているスキルをそっくりそのまま実践するだけで、あなたの保険営業は大きく変わると確信しています。

クロージングもなしで高額保険そして終身保険がどんどん売れて・・・さらに紹介もいただける・・・

こんな状況があなたの日常になったら、あなたの保険営業そして最後に手にするコミッションは大変化するとは予想できませんか?


大関氏のプロフィールは・・・

1968年生まれ、埼玉出身。大学卒業後、国内大手損害保険会社、外資系生命保険会社を経て生損保乗合代理店(店主として8年、合計17年間)に所属。保険業界一筋27年、直販営業歴21年目。

「保全重視・紹介入手・成約率90%超」にこだわった型を身に付け個人生保専門から法人マーケットへシフトチェンジに成功し3期連続TOT基準達成。


音声セミナーの内容の一部を紹介すると・・・

・顧客に「あれも欲しい、これも欲しい」と保険を「選ばせる」話法とは?

・契約単価が自然にアップする具体的な話法

・何を語るかよりどう語るかが重要!3期連続TOTの特別な語り方

・完全コピーできる!顧客ニーズを喚起する方法

・「絶対必要」と顧客に言わせる方法

・設計書を使わずに単価をアップさせる方法

・顧客に「もと保険料を上げて」と言わせる方法


音声セミナーの収録時間は1時間24分。MP3ファイル2つをダウンロード形式でご提供します。(収録2007年)

 

料金は29800円(税込)。


音声ファイル2つでこの値段は少し高いと感じた方もいると思います。

しかしあなたが音声で得られる保険営業のスキルは、法律や税制が変化したらすぐ使えなくなるものではありません。

終身保険を売るスキルであり、高額契約を獲り続けるスキルが学べ、一度だけではなく、保険営業をしている限りこの後もずっと、一生使い続けることができるスキルなのです。

こう考えるとこの値段は高いとは言えないでしょう。

高額の終身保険を1件獲れた場合にあなたが得られるコミッションを考えてみてください。

たった1件の契約だけで、音声セミナーの料金は軽くペイするに違いありません。1件獲れればそれで終わりというスキルではありません。

繰り返し何度でも高額契約、終身保険が売れるスキルです。

このように考えてくると、今回の料金は安すぎると言っても言い過ぎではないと感じます。


3期連続TOTの時間と経験を買うのです。

大関氏が音声で語っているスキルを身に付けるまでには、気の遠くなるような時間と数えきれないくらいの失敗を経験してきました。

あなたも同じ時間と経験をして一からスキルを掴むことも間違いではありません。

しかし目の前には時間と経験を一気に省略でき、最短距離で成功のにたどり着けるチャンスがあるわけです。

このチャンスをわずかな投資で買えるわけです。

投資した方がいいとうよりも投資しない手はないと感じるのは私だけではないはずです。

孫さんも三木谷さんも事業を始める時、既にある企業を買収することが多いと認識しています。

経験と時間を買っているとも理解できます。

企業を買収するには場合よっては数百億円の資金が必要になりますが、あなたがするTOTの時間と経験の買収は29800円でできるのです。

決して高い料金とは言えないのではないでしょうか?


なぜ映像でもセミナーでもなく音声による情報提供なのか?


1つはあなたの貴重な営業時間を削りたくないからです。

勉強しているだけでは契約は永遠に増えません。結局トップセールスは多くの営業時間を確保しています。

そのために移動時間や隙間時間をうまく活用している事はトップセールスのFacebookなどの投稿などをチェックすれば明らかです。

音声であれば、車を運転していても満員電車の中でも耳さえ傾けることができれば、その場をあなた専用のセミナー会場に変える事ができます。

無駄な時間を作らず、営業しながらスキルをアップすることができる最高の方法が音声だと考えています。

また繰り返し学べる点も音声の素晴らしい部分です。

セミナーやオンラインセミナーに参加しても話を聴けるのは1回だけです。音声であれば何度でも繰り返し成功者があなたの耳元でスキル、ノウハウを語りかけてくれます。

映像による学習も有効ですが、リピート性という部分で比較すると音声の方がはるかに勝るというのが私の結論です。

好きなアーティストのコンサートが収録されたDVDを視聴する回数よりもアルバムCDを聴く回数の方が断然多いというのは私だけではないはずです。

繰り返し聴く事で理解度は深まりますし、聴くたびに新しい気づきも得られる音声購入者も少なくありません。

1度聴いただけでトップセールスのスキル・ノウハウをすべて理解し、すぐに実践して同じ結果が出せる保険営業パーソンは多くないと思われます。

何度も何度も聴く事で自然な形でスキルやノウハウがあなたの中に定着するのではないでしょうか。

プロゴルファーの石川遼選手も英語を音声を活用してマスターした事は有名です。

またサッカーの本田圭佑選手は「NoeVoice」という音声による情報サービスをスタートさせました。世界の本田も音声を選んだ事からも音声を活用した学習方法は今後ますますメジャーになると確信しています。

 

なぜ講演形式ではなくインタビュー形式の音声なのか?


保険営業のトップセールスパーソンであっても自分がなぜ成功できたのかをすねて把握しているとは限りません。自分でも気づいていない成功の秘訣があるわけです。

インタビュー形式であればそれらを引き出すことができます。

長寿番組の「徹子の部屋」もインタビュー形式。ゲスト1人が出てきて語るだけだったなら、あそこまで人気で長く続かなかったに違いありません。

また対談、インタビュー形式は講演形式よりも何度も聴きやすいというのは、音声による情報収集を今でも実践している私が日々感じている事です。

 

音声セミナーのインタビューは2007年収録。そんな古いものが参考になるのか?


心配はご無用です。本物のノウハウ・スキルは時間が経っても色あせしません。ドラッカーや松下幸之助の本は出版から何年経ってもビジネスパーソンのバイブル的存在です。

この音声も同じだと考えています。

音声で学べるのは小手先のテクニックではありません。今もそしてこれからもずっと使える高額単価の保険が売れるスキル・ノウハウです。

あなたの保険営業におけるバイブル的存在になると期待しています。

 

音声セミナー購入の手続きは簡単です。

この文章の上にある赤い「購入する」ボタンをクリックし、情報を入力してクレジットカードか銀行振込か支払い方法を選ぶだけです。


確認がとれましたら、音声がダウンロードできるURLをメールにて送ります。あなたはそのURLをクリックして指示通りに進めば、簡単に音声はあなたのスマホやPCにダウンロードされます。

 

ダウンロードのやり方はメールにも記載していますし、わからなければダウンロードから音声が聴けるまで、こちらで責任を持ってサポートします。ご安心ください。

 

音声はグーグルのドライブにコピーして保存することがおすすめ。こうしておけばスマホやPCの機種変更があっても一生音声セミナーを聴くことができます。

 

さあ、勇気を持って一歩を踏み出しませんか?

 


 
代表取締役 内田拓男 

 


ブログ「保険営業成功ノウハウ」

 

YouTubeチャンネル 




販売スケジュール外の商品が含まれています
Copyright ©アイブライト All Rights Reserved.