音声セミナー 2億稼げた!ドクターマーケット新規開拓術~なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?~画像

音声セミナー 2億稼げた!ドクターマーケット新規開拓術~なぜ私はたった1人でコネなし接待なしでも成功できたのか?~

商品説明

コネや紹介が全くなくても、ドクターの知り合いが1人もいなくても飛び込みからドクターマーケットをどんどん新規開拓できたら、あなたの保険営業、そして最後に手にする成果も激変するとは思いませんか?

飛び込みからドクターマーケットを一から開拓できたノウハウがあります。これがあなたのスキルになったら、どこで営業をしても、いつから営業をスタートさせても、あなたはドクターに保険を売る事ができるようになります。

契約が欲しい、見込み客の枯渇が心配・・・こうなったらドクターを飛び込みで訪問するだけでいいのですから。

 

 

 

ある地方の食品メーカーが、自社の商品を売ってくれる販売店を開拓した成功事例を聞いたことがあります。

普通であれば、商品の特性やお得さ、安さ、販売手数料の高さなどをアピールして販売店にアプローチするはずです。

しかしそのメーカーがやったのは全く違うアプローチ。

同業種の販売店を紹介するポータルサイトを作り、そこで紹介するそれぞれのお店のページを無料で作るサービスをアピールすることでアプローチしたのです。

「弊社の商品を売ってください」ではなく「御社の集客に繋がるポータルサイトを作りました。御社を紹介するページも無料で作ります。いかがでしょうか?」という感じのアプローチです。

商品を売る事にNOという店はあっても、無料のページを作り、0円で宣伝してくれる提案のアプローチにNOという店はありません。

アプローチしたほとんどの販売店からYESをもらえたそうです。

このアプローチでしっかりと販売店と信頼関係が構築した結果、最終的に自社の商品を売ってくれる販売店は激増し、それに比例して売上も急上昇したという成功事例です。

売りたいものをただアピールするだけのアプローチは時代遅れと言っても過言ではありません。

アプローチを工夫することが成功事例に近づくことを感じました。

 

ラッシュの時間に駅にあるエスカレーターやエレベーターが混みあう。よくある風景です。

比較的空いている階段を顧客に利用してもらおうとした場合、あなたならどんなアプローチを考えますか?

「階段が空いております。ぜひ階段をお使いください!」などとお願い、依頼のアプローチをするのが普通ではないでしょうか。

一方、ある駅は全く違うアプローチで階段を利用する顧客を増やしました。

それは・・・

階段を一段上ることで消費するカロリーを一段毎に表示したのです。

運動したい、だけどなかなかできないと考える人が多い中、彼らの心理を見事につかんだアプローチの成功事例と言っていいでしょう。

やはりアプローチは工夫次第だと実感します。


これら2つの話は法人保険営業に通じます。


ドクターマーケットの新規開拓がうまくいかない・・・ドクターは既にたくさんの保険に入っているので開拓は難しい・・・病院には優秀なライバルの保険営業パーソンが既に出入りしていて付け入る隙がない・・・こんな悩みを抱える保険営業パーソンは少なくないでしょう。

一方でドクターマーケットを飛び込み訪問から新規開拓する事に成功し続ける保険営業パーソンもいます。それが以前インタビューした鈴木氏です。


鈴木氏のプロフィールはこちら↓です。

1967年生まれ。株式会社エクセル代表取締役。日立製作所を経て東京海上に研修生として入社。一般収保1億円超の記録的な成績で早期(通常3年の研修期間を2年で)独立。

独立後も建設業を中心に顧客を拡大する。(独立わずか3年で収保3億円達成)

2003年代理店を経営していた福島から札幌に移住。当時の代理店業務はすべて人に任せる。

2004年株式会社エクセル設立。知り合いも友人も全くいない札幌でドクターマーケットの開拓を一から始める。

夜の接待もゴルフの付き合いも全くなしで医師・医療法人からの生命保険契約をコンスタントに獲り続けている。

エクセル社の営業は実質1人、その他数名の事務スタッフだけでドクターマーケットから毎年2億円以上のコミッションを稼ぎ続けている。

主な取引先 医療法人491件、個人開業医156件、特定医療法人 1件 特別医療法人2件など





説明するまでもありませんが、鈴木氏は多くの保険営業パーソンがするように保険や相続、事業継承や財務などでドクターにアプローチしません。

全く別のアプローチを続けています。

アプローチの切り口は問題解決。保険やそれに繋がる話題ではなく問題解決でアプローチしているのです。

 

具体的な成功事例を出しながら、どんなアプローチをしているか詳しく解説していきます。

日本有数の保険営業のトップセールスの鈴木氏が以前インタビューで教えてくれたアプローチの成功事例は人材不足を切り口にしたものです。

看護師の人材不足。これは多くの病院が抱える大きな問題です。はっきり言って保険とはまるで関係ありません。この問題に関して保険は全く絡みません。


しかし鈴木氏は真摯に問題解決の提案します。


その中でこれは使える!と感じたのが、人件費率に関してドクターに伝える事です。

人材が不足してから、それを補うために手を打つというのがほとんど病院です。

一方、鈴木氏の提案はある一定の人件費率に達するまでは、あえて余剰人員を抱えるという戦術です。

これならスタッフが急に辞めてしまったも、焦ることなしに対応できます。

病院経営において適正と言われる人件費率とはどのくらいなのか?実際訪問した病院の現在の人件費率はどのくらいなのか?訪問を重ねながら、明らかにしていきます。

もちろん実際に人材を募集する際に有効な手段や広告の出し方もアドバイスします。

これが鈴木氏の成功事例のほんの1つです。

保険や相続などでアプローチする保険営業パーソンとは大きな違いがでることに気づいてください。

保険の話を聴きたいドクターはまずいませんが、問題を抱えているドクターは星の数程います無限と言ってもいいでしょう。

まして今はコロナなどの影響で社会や経済が激変している時期。多くの問題を抱え、頭を抱えるドクターや病院は多いと予測できます。

つまり問題解決でアプローチできる絶好のチャンスなのです。

 

問題解決だけしていても保険契約に繋がらないのでは?と心配された保険営業パーソンがいるはずです。

しかし心配はご無用。

問題解決でアプローチして、問題解決を提案し続けると、次から次に相談がドクターから来るようになります。

これを続けると、どんなケースでも必ずお金と健康の話題にいきつくと日本を代表するトップセールスである鈴木氏は断言しています。

お金と健康の問題。

これがでてくれば、解決の手段の1つとして保険が必要になってしまうというわけです。

無理に売り込んだり、強引なクロージングをすることになしに、ドクターそて病院の契約がいただけるというわけです。

今回紹介したドクター開拓のアプローチの成功事例はほんの一例です。

時計の位置に関するアプローチ、看護師の私語に関してのアプローチ、看護師の茶髪に関してのアプローチなどなど、その他にもたくさんの成功事例をインタビューでは語ってくれました。

大切な事は、保険営業パーソンが一番売りたい保険でアプローチしないことです。

売りたい保険だけを見てアプローチを考えるのではなく、訪問する相手つまりドクターが今何を考え、何に不安で何が心配なのかを考えることがアプローチで成功するための第一歩です。

これを実行すれば、飛び込みでもドクターマーケットの新規開拓は今でも十分可能なのです。


多くの法人や病院はコロナ禍で保険どころではない!という声を時々聴きますが、これは保険を売り込もうとするからです。

問題を解決しようと思えば、今の時期は保険営業パーソンにとってアプローチする最高の機会ではないでしょうか。

コロナ禍をチャンスに変えるためには保険営業の成功者のアプローチと成功事例を学ぶことが重要です。


音声セミナーはこのノウハウの他にも学べるスキルは盛りだくさん。音声セミナーの内容の一部を紹介すると・・・




・コネ・紹介不要!飛び込みでドクターマーケットを新規開拓する方法とは

 

・2億稼ぐ人の初回訪問のやり方をすべて教えます・初回面談ではたった2つの事を伝えればいいのです

 

・たくさん保険に加入していて優秀な営業パーソンと付き合っているドクターを優良契約者に変える方法

 

・戦わずに勝つ!既契約やライバルの保険営業パーソンと戦わずに勝てる方法がありま

 

・今からでも、そしてこれからもドクターマーケットの開拓には十分チャンスがある!私がこう断言する大きな理由とは

 

・口下手でも開拓できる魔法のツールとは

 

・医師の組合で開催しているセミナーの内容とその成果とは?

 

・保険を語らなくてもドクターに保険が売れてしまう戦術とは

 

・ドクター開拓で成功したいなら「未来話法」です

 

・「保険は税理士に任せている」と言われたら、こう切り返せ

 

・病院の時計の位置から新規開拓に成功した事例とは

 

・看護師の私語も開拓の切り口になることをご存知でしたか

 

・人材不足はドクター開拓の武器になります

 

・最低限知らなくてはならない知識・法律とは

 

・ドクターへの継続訪問はこうしなさ

 

・ドクターマーケットを開拓する前に準備するべきこととは

 

・訪問を中止する判断基準とは

 

・保険を売り込むな!保険の話に嫌でも繋がる話題とは

 



音声セミナーの収録時間は時間12分。MP3ファイルつをダウンロード形式でご提供します。(収録2011年)

料金は39800円(税込)

音声ファイルつでこの値段は少し高いと感じた方もいると思います。

しかし音声であなたのスキルになるものは、期間限定のノウハウでも法律や税制が変わったら使えない提案術でもありません。

1度身に付ければ、今後繰り返し、何でも使うことができるノウハウばかりです。

音声セミナーで語られているノウハウを使ってたった1件しか契約獲れなくてもあなたが得るコミッションは支払った音声セミナーの料金を軽く上回るに違いありません。

1度成果が上がってしまえば、それで終わりということは考えられません。あなたは繰り返し契約を獲得できることになるのです。

契約繰り返しコンスタントに売れる・・・こうなれば、39800円は安すぎるとも言えるでしょう。

 

音声を買うというより法人開拓の成功者の経験と時間を買うのです。

孫正義さんは新しい分野に進出する時、自分で一から会社を立ち上げるよりも
既に実績のある会社を買収するケースが多いと認識しています。

これは会社の経験と実績を作るまでの時間を買っていると考えられます。

あなたも保険営業で同じことができるのです。

自分で一からノウハウを構築するとなると、それなりの経験と時間が必要になります。

一方、音声セミナーを通して成功者の時間と経験を買収すれば、それらを一気に省略でき、成果まで最短距離でたどり着くことができると言えるます。

会社の買収は場合によっては数百億円の資金が必要ですが、あなたがする買収はたった万円弱。

やった方がいいというよりやらないと損と言っても過言ではありませんし、安すぎる買収とも判断できませんか?

 

なぜ映像でもセミナーでもなく音声による情報提供なのか?

 

貴重な営業時間を削らずにスキルアップできるメディアが音声だからです。結局売れている人は多くの行動・チャレンジをしています。勉強だけしていても成果には繋がらないわけです。

あなたの行動量を減らしたくないわけです。

セミナーに参加すれば営業は止まりますし、映像による勉強も有効ですが見ている間は何もできません。

一方、音声であれば車の運転中でも満員電車の中でも耳さえ傾ければ、スキルアップは可能。時間を無駄にしません。

営業しながら、新しいチャレンジをしながら、スキルをアップできる方法が音声だと確信しています。


また繰り返し聴けることも大きなメリットです。

セミナーは1度聴けば普通はそれで終わりです。音声であれば何度でも繰り返しリピートするのが可能。

映像は音声よりもリピート性とう部分で比較すると劣るというのが私の結論です。

好きなアーティストのコンサートが収録されたDVDよりも曲が入ったアルバムの方がはるかにリピート数が多いというのは私だけではないはずです。

繰り返し聴くことで、理解度が深まり自然な形であなたの中にトップセールスの保険営業のスキルが定着することを期待しています。

「聴くたびに新しい気づきがあります。50回以上聴きました。」という声を音声購入者からいただきました。

セミナー料金は39800円。50回聴いたとすれば1回あたり796円。ランチ1回分程度の投資であなたのスキルはトップセールスに近づくと考えています。

リピートすることで新しい気づきを得られ、それをまたあなたの保険営業にフィードバックする・・・この繰り返しであなたの保険営業そして最後に得られる成果は大きく変化するに違いありません。

また音声セミナーをモチベーションアップに活用している保険営業パーソンもいます。

保険営業はうまくいかない事の連続。うまくいかない事、失敗する事、思い通りに進まない事だらけ。

そんな時に音声セミナーを聴けば成功者であるトップセールスがあなたの耳元で力強く語り掛けてくれるわけです。

「よし、またやるぞ!」とモチベーションがきっとアップするに違いありません。


プロゴルファーの石川遼選手も英語を音声でマスターした話は有名です。またサッカーの本田圭佑選手は最近「NowVoice」という音声による情報サービスをスタートさせました。世界の本田も音声を選んでいるわけです。

音声SNSの「Clubhouse」に参加する人もあなたの周りに増えているはず。音声を活用した情報収集、勉強、コミュニケーションはますますメジャーになり常識になるはずです。

 

なぜ講演形式ではなく音声はインタビュー形式なのか?

保険営業のトップセールスパーソンであっても自分がなぜ成功しているのかをすべて把握しているとは限りません。自分でも気づいてない成功の秘訣があるわけです。

インタビューであればそれを引き出すことができます。

長寿番組の「徹子の部屋」もインタビュー形式。ゲストが1人で出てきて語るだけなら、あそこまでの人気で長く続かなかったはずです。

また対談、インタビューは講演形式よりも何度も聴きやすいというのは、音声による情報収集を今でも実践している私が日々感じている部分です。

 

音声セミナーのインタビューの収録は201年。そんな古いものが本当に参考になるのか?

 

 

心配ご無用です。本物のノウハウは色あせません。ドラッカーや松下幸之助の本は出版から何年経ってもビジネスパーソンのバイブル的存在です。

この音声も同じだと考えています。

音声で学べるのは小手先のテクニックではありません。今もそして今後も繰り返し使える保険営業ノウハウです。

あなたの保険営業におけるバイブル的存在になると期待しています。

 

音声セミナー購入の手続きは簡単です

この文章の上にある赤い「購入する」ボタンをクリックし、情報を入力してクレジットカードか銀行振込か支払い方法を選ぶだけです。

 

確認がとれましたら、音声がダウンロードできるURLをメールにて送ります。あなたはそのURLをクリックして指示通りに進めば、簡単に音声はあなたのスマホやPCにダウンロードされます

ダウンロードのやり方はメールにも記載していますし、わからなければダウンロードから音声が聴けるまで、こちらで責任を持ってサポートします。ご安心ください

 

音声はグーグルのドライブにコピーして保存することがおすすめ。こうしておけばスマホやPCの機種変更があっても一生音声セミナーを聴くことができます。

 

さあ、勇気を持って一歩を踏み出しませんか

 

 


アイブライト有限会社 

代表取締役 内田拓男 

 


ブログ「保険営業成功ノウハウ」

YouTubeチャンネル 


販売スケジュール外の商品が含まれています
Copyright ©アイブライト All Rights Reserved.