音声セミナー『設計書より「予約」が先の非常識な保険営業ノウハウ 保険を語る前にお客様から”あなたと契約したい”と言わせることができる』

音声セミナー『設計書より「予約」が先の非常識な保険営業ノウハウ 保険を語る前にお客様から”あなたと契約したい”と言わせることができる』画像
商品説明
既契約やライバル他社と比べられずに、売り込むことなしで高額な保険が売れたら、あなたの保険営業そして最後に手にする成果は大きく変わるとは思いませんか?


特別な特約がなくても保険料で負けていても大丈夫です。


あなたが選ばれる方法があるのです。


音声セミナー『設計書より「予約」が先の非常識な保険営業ノウハウ 保険を語る前にお客様から”あなたと契約したい”と言わせることができる』のお申込みはこちら↓から

数量:  

 




コロナの影響で保険が売れない・・・


みんな節約志向で安い保険料のプランしか売れない・・・


折角提案しても他社やネットと比較されて、結局自分の提案が売れない・・・



こんな悩みを抱える保険営業パーソンは多いはずです。


一方で、他社やネットと比較されずに、しかも高額な保険を売り続ける保険営業パーソンもいます


その1人が今回の音声セミナーで以前インタビューした竹下氏です。



-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


竹下健治氏のプロフィールはこちら↓です。


1968年生まれ。大学を卒業後、大手信託銀行に入社。


退職後、ラーメン店・ガソリンスタンド、本屋など数々の仕事を経験しながらどん底から這い上がる過程でマーケティングや顧客心理学を学ぶ。


27歳の時カーリース会社に再就職、当初、クビ寸前の売れない営業マンだったにもかかわらず、それまで学び研究していたそのノウハウで一躍トップセールスとなる。


その実績から外資系保険会社からヘッドハンティングされ転職コネや人脈が全くない地方都市でありながら、全国ランキング上位入賞、海外表彰受賞回数10回や三年半の毎週連続契約など輝かしい記録と共にエグゼクティブプランナーになった後、2012年独立。


その後も保険募集人として、自ら北は北海道から南は鹿児島までの法人・個人のお客様の保険相談にのる傍ら、2年で8割が辞めていくといわれる保険業界においてかつて売れない営業マンから這い上がることができた自分の経験が活かせないものかと生み出した、お客様心理をベースにセールスプロセスを組み立てていくセールススキル、「EQセールス®」の体系化に成功。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-



 

保険が売れない、安いプランしか売れない保険営業パーソンが多い中、なぜ竹下氏は高額保険を比較もされずに売り続けることができるのか?



「価値観」を満たす保険営業をしているからです。



社より有利でお得な提案をすることばかり考えるから多くの保険営業パーソンは比較され売れないのです。



では顧客の「価値観」を掴むためには何をすればいいのか?




「あなたの価値観は何ですか?」と質問してもダメです。


顧客との雑談の中から掴むのです。


雑談の目的を変えるとも表現できます。


多くの保険営業パーソンの雑談の目的は本題つまり保険を語るために場を和ます事です。


そうではなく、雑談を顧客の「価値観」を掴む事を目的にするのです。


「価値観」と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、顧客が何を一番大事にしているのか?何が優先順位が1位なのかを雑談から探すのです。



━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


例えば休みの日は庭で家庭菜園をすることが趣味の人がいたとします。


どんな野菜をどうやって作っているか、どんな所が難しいかなどの雑談から将来的にはどうしたいか、何をしたいかを聞くことはできるのではないでしょうか。


退職後は夫婦で田舎に移住して本格的に農業にチャレンジしたい!こんな夢が聞けたら、その夢・・・つまり「価値観」に沿って営業進めるのです。



「価値観」を満たすためにはどうすればいいのか?



ライフプランを立てるのです。


保険を売ることではなく、お客様の夢や価値観を満たす事を第一に考えます。


考えた上で・・・


価値観・夢を満たす手段の1つで保険が必要になれば契約に至るという流れです。


決して上手く売り込んで契約を預かるという感覚ではありません。


田舎に移住して農業が「価値観」なのに、医療保険はどこが安いとか特約がこれ有利だとか、子供の教育資金はこれだけ必要だとか、語ってしまうから多くの保険営業パーソンは売れないのです。


田舎で農業の夢が達成できるプラン、すなわち「価値観」が満たされるプランであれば、顧客は比較しません。


そして「価値観」を満たすためには少々高額なプランであっても顧客はお金を惜しまないに違いありません。


いかがでしょうか。


あなたが保険営業の現場でしている提案を見返してみてください。


比較という厳しい戦いに自ら足を踏み入れていませんか?


比較という戦いから抜け出し、売れないを売れるにするために保険営業でやる事は難しくありません。


お得な情報をいきなり提供することでも有利でお得な保険を語らなくていいのです。


雑談をして、顧客の優先順位1位を掴む事、つまり「価値観」を知る事です。


「価値観」を満たす提案ができれば、比較される事もなくなり、売れないという保険営業パーソンの悩みも解消されるはずです。


既契約やライバル社より有利で得な提案をする比較型営業ではなく、「価値観」を満たす価値観型営業のノウハウについて


成功事例を挙げながら


詳しいトークや詳しいお客様とのやり取りなど


音声セミナーで一から全て竹下氏に詳しく語っていただきました。




音声セミナー『設計書より「予約」が先の非常識な保険営業ノウハウ 保険を語る前にお客様から”あなたと契約したい”と言わせることができる』のお申込みはこちら↓から

数量:  




インタビューで語られている事をそっくりそのまま真似するだけでもあなたの保険営業は大きく変わると考えています。


音声セミナーではこの他にもすぐに現場で使えるノウハウが満載です。



 ┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯


音声セミナーの内容のほんの一部を紹介すると・・・



営業で話す内容を準備してはいけません!この意味とは?



・売れる人の雑談と売れない人の雑談の違いとは?



営業の主語を変えるだけで保険が売れるようになります



池上彰さんのこの部分を真似れば成功できる!



・トップセールスが語るのはお勧めの保険ではなく背景だ



・消費税・物価上昇をこう語ると簡単に保険が売れる



・売れる人と売れない人の決定的な差は「実感」



・質問する人は売れない、質問される人がトップになる



・成果を出すポイントは「変換」



・このたった3回の会話でお客様をファン化できる



・この会話は訪問100回に匹敵する



・生理的視点、心理的視点、論理的視点を理解すれば保険営業が超簡単になる



・提案では差別化するな、表情で差別化せよ



・順番が変わればトークを変えなくても保険は売れる



ジャパネットのここを真似れば保険は売れる



・全く売り込まずに契約単価を劇的にアップさせる方法



成約率アップさせる「トイレの使い方」とは?



沈黙のコントロールで保険契約を引き寄せ



・プレゼンでは設計書を見ずに「ここ」を見れば法人保険が売れる



・お客様の目線は契約に直結する!



・設計書を出す前に私が絶対する事とは?



・高額保険を売るコツは優先順位です



・設計書を出す最高のタイミングとは?



・「保険なんて馬鹿らしくて掛けるかよ」と言われたらチャンスだ



法人新規開拓はメモで9割決まる



「保険は大嫌い」というお客様から年払1,000万円の契約を預かりました


 

・条件で負けてもお客様があなたを選ぶセールス手法とは?



・たった1枚のハガキで法人開拓を成功に導くノウハウ

 


・既契約ではなく想い、価値観を探

 


・お客様の感情表現がでれば98%保険売れる!

 


・解約率を限りなく0に近づけるEQセールスとは



・ 保険を語る前、設計書を出す前に予約をいただく方法



・訪問先・営業先を劇的に増やす戦略はこれだ!



・保険でアプローチするな、感情にアプローチせよ



・紹介を増やす武器は「想い」だ!!



 

 

┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯┯



価値観型営業ノウハウの他に特にすぐに真似すべきノウハウだと感じていたのが、設計書を出す前に「予約」をもらう方法。

 



保険の設計書を出して詳しい説明をする前に、予約何てもらえるわけがないと考えるのが普通でしょう。

 


しかしそれは方法を知らないだけです。


 


竹下氏はモノつまり保険で差別化するのではなく、ヒトで差別化する方法を確立しています。

 



多くの保険営業パーソンは顧客にこう言わせるスタイルです。


「この保険に入りたい」




 

一方、音声セミナーで解説されているノウハウは「あなたから入りたい」と言わせるものなのです。

 



「あなたから入りたい」と顧客に思わせてから、保険の話をスタートする!





━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

これが竹下流です。

 


詳しいやり方は音声セミナーのインタビューで明らかになります。


 


これがあなたのスキルになれば、保険営業は劇的に変化するとは想像できませんか?

 



保険の話をする段階で、顧客は「あなたから入りたい」と感じているのですから。



まさに予約をもらってから保険の話をスタートさせるイメージです。



音声セミナーの収録時間は時間16分。


MP3ファイル1つをダウンロード形式でご提供します。(収録2015年)


料金は15600円(税込)




音声セミナー『設計書より「予約」が先の非常識な保険営業ノウハウ 保険を語る前にお客様から”あなたと契約したい”と言わせることができる』のお申込みはこちら↓から

数量:  






音声ファイル1つでこの値段は少し高いと感じた方もいると思います。


しかし音声であなたのスキルになるものは、期間限定のノウハウでも法律や税制が変わったら使えない提案術でもありません。


1度身に付ければ、今後繰り返し、何でも使うことができるノウハウばかりです。


音声セミナーで語られているノウハウを使ってたった1件しか契約獲れなくてもあなたが得るコミッションは支払った音声セミナーの料金を軽く上回るに違いありません。


1度成果が上がってしまえば、それで終わりということは考えられません。


あなたは繰り返し契約を獲得できることになるのです。


契約繰り返しコンスタントに売れる・・・こうなれば、15600円は安すぎるとも言えるでしょう。

 

音声を買うというより法人開拓の成功者の経験と時間を買うのです。


孫正義さんは新しい分野に進出する時、自分で一から会社を立ち上げるよりも
既に実績のある会社を買収するケースが多いと認識しています。


これは会社の経験と実績を作るまでの時間を買っていると考えられます。


あなたも保険営業で同じことができるのです。


自分で一からノウハウを構築するとなると、それなりの経験と時間が必要になります。


一方、音声セミナーを通して成功者の時間と経験を買収すれば、それらを一気に省略でき、成果まで最短距離でたどり着くことができると言えるます。


会社の買収は場合によっては数百億円の資金が必要ですが、あなたがする買収はたった1.6万円弱。


やった方がいいというよりやらないと損と言っても過言ではありませんし、安すぎる買収とも判断できませんか?


 


なぜ映像でもセミナーでもなく音声による情報提供なのか?

 

貴重な営業時間を削らずにスキルアップできるメディアが音声だからです。


結局売れている人は多くの行動・チャレンジをしています。


勉強だけしていても成果には繋がらないわけです。


あなたの行動量を減らしたくないわけです。


セミナーに参加すれば営業は止まりますし、映像による勉強も有効ですが見ている間は何もできません。


一方、音声であれば車の運転中でも満員電車の中でも耳さえ傾ければ、スキルアップは可能。時間を無駄にしません。


営業しながら、新しいチャレンジをしながら、スキルをアップできる方法が音声だと確信しています。



━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…


また繰り返し聴けることも大きなメリットです。


セミナーは1度聴けば普通はそれで終わりです。


音声であれば何度でも繰り返しリピートするのが可能。


映像は音声よりもリピート性という部分で比較すると劣るというのが私の結論です。


好きなアーティストのコンサートが収録されたDVDよりも曲が入ったアルバムの方がはるかにリピート数が多いというのは私だけではないはずです。


繰り返し聴くことで、理解度が深まり自然な形であなたの中にトップセールスの保険営業のスキルが定着することを期待しています。


「聴くたびに新しい気づきがあります。50回以上聴きました。」という声を音声購入者からいただきました。


セミナー料金は15600円。


50回聴いたとすれば1回あたり312円。


カフェで飲むコーヒー1杯分の投資であなたのスキルはトップセールスに近づくと考えています。


リピートすることで新しい気づきを得られ、それをまたあなたの保険営業にフィードバックする・・・この繰り返しであなたの保険営業そして最後に得られる成果は大きく変化するに違いありません。



━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

また音声セミナーをモチベーションアップに活用している保険営業パーソンもいます。


保険営業はうまくいかない事の連続。うまくいかない事、失敗する事、思い通りに進まない事だらけ。


そんな時に音声セミナーを聴けば成功者であるトップセールスがあなたの耳元で力強く語り掛けてくれるわけです。


「よし、またやるぞ!」とモチベーションがきっとアップするに違いありません。



音声セミナー『設計書より「予約」が先の非常識な保険営業ノウハウ 保険を語る前にお客様から”あなたと契約したい”と言わせることができる』のお申込みはこちら↓から

数量:  




プロゴルファーの石川遼選手も英語を音声でマスターした話は有名です。


またサッカーの本田圭佑選手は最近「NowVoice」という音声による情報サービスをスタートさせました。


世界の本田も音声を選んでいるわけです。


音声SNSの「Clubhouse」に参加する人もあなたの周りに増えているはず。


音声を活用した情報収集、勉強、コミュニケーションはますますメジャーになり常識になるはずです。




なぜ講演形式ではなく音声はインタビュー形式なのか?


保険営業のトップセールスパーソンであっても自分がなぜ成功しているのかをすべて把握しているとは限りません。


自分でも気づいてない成功の秘訣があるわけです。


インタビューであればそれを引き出すことができます。


長寿番組の「徹子の部屋」もインタビュー形式。


ゲストが1人で出てきて語るだけなら、あそこまでの人気で長く続かなかったはずです。


また対談、インタビューは講演形式よりも何度も聴きやすいというのは、音声による情報収集を今でも実践している私が日々感じている部分です。

 


音声セミナーのインタビューの収録は201年。そんな古いものが本当に参考になるのか?

 

 

心配ご無用です。



本物のノウハウは色あせません。



ドラッカーや松下幸之助の本は出版から何年経ってもビジネスパーソンのバイブル的存在です。


この音声も同じだと考えています。


音声で学べるのは小手先のテクニックではありません。



今もそして今後も繰り返し使える保険営業ノウハウです。


あなたの保険営業におけるバイブル的存在になると期待しています。



━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

本当に音声セミナーは売れるヒントになるのか?

 

弊社で音声セミナーの販売をスタートさせたのは2005年。


それ以来、全国の多くの保険営業パーソンに音声セミナーをご購入いただいております。


約75%の購入者がリピート購入していただいております。


つまり1つ音声をお買い上げいただいた保険営業パーソンが満足し結果を出して、また別の音声を買っていただいています。


この実績こそが多くの方から支持を受けている証拠とは言えないでしょうか。


創業当初はリアルなセミナーを開催したり、DVDによる映像での情報提供もいたしました。


しかし最も学習効果が高く、成果に繋がりやすいのは音声だと確信して以来ずっと音声にこだわり、音声によるノウハウ提供を続けております。


もちろん音声を聴いただけでは何も起こりません。


あなたの行動が必須ですが、音声の内容はあなたの保険営業を劇的に変える大きなきっかけになると考えております。



━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━… 


音声セミナー購入の手続きは簡単です


この文章の下にあるカートへ入れるをクリックし、情報を入力してクレジットカードか銀行振込か支払い方法を選ぶだけです。


音声セミナー『設計書より「予約」が先の非常識な保険営業ノウハウ 保険を語る前にお客様から”あなたと契約したい”と言わせることができる』のお申込みはこちら↓から

数量:  

 

確認がとれましたら、音声がダウンロードできるURLをメールにて送ります。


あなたはそのURLをクリックして指示通りに進めば、簡単に音声はあなたのスマホやPCにダウンロードされます


ダウンロードのやり方はメールにも記載していますし、わからなければダウンロードから音声が聴けるまで、こちらで責任を持ってサポートします。



ご安心ください

 


音声はグーグルのドライブにコピーして保存することがおすすめ。



こうしておけばスマホやPCの機種変更があっても一生音声セミナーを聴くことができます。

 


さあ、勇気を持って一歩を踏み出しませんか

 

 

アイブライト有限会社

代表取締役 内田拓男 

 


ブログ「保険営業成功ノウハウ」


YouTubeチャンネル  




Copyright ©アイブライト All Rights Reserved.